2016年パート主婦の働き方、どうする? 〜106万円の壁〜

こんにちわ、アラフィフFPの三原ゆきです。

パート主婦にとって来年(2016年10月)から新たなハードルが出現します。
現在、会社員の夫の扶養者として第3号被保険者でパートをしている
アラフィフも多いかと思います。
え?私のこと?と思う方で、
次の条件に当てはまるのであれば、心して知っておきましょう!

●週20時間以上の勤務をしている
●従業員500人以上の会社で働いている

この条件にあてはまり、かつ

●月の給料が88,000円(=年収106万円)以上
●勤務期間1年以上

の場合、収入に応じて厚生年金や健康保険の保険料の
負担が必須となります。

現行では、年収130万円を超えた場合に「健康保険料」
および「国民年金保険料」の支払いが必須です。

現在、年収135万円の場合
社会保険料の負担は、月あたり約2万円です。
内訳は、国民健康保険 約5,000円/月と
国民年金 15,590円/月です。

2016年10月から、年収135万の場合
社会保険料の負担は、月あたり約12,500円になります。
内訳は、健康保険料 約5,000円と
厚生年金 7,500円/月です。

現行と比べると、2016年に年収135万の場合
社会保険料の負担額は減ります。

が、現行で年収110万の場合社会保険料の負担がゼロ
なのに対して、来年2016年から負担が月あたり12,500円に
なるのです。

ゼロ円 → 毎月12,500円

夫が自営業の場合は、2016年の改正で負担は今よりも
軽くなるのでモンダイありません、むしろ歓迎です!

ただ、夫がサラリーマンで第3号被保険者の場合、
嬉しくありません。

厚生年金に自分が加入したら、加算額分があるので、
現行よりも年金の受け取り額が増える!と思うところですが、
アラフィフ50歳から60歳まで10年働いたとして
社会保険料の総支払い額は150万円。

年金を88歳まで受け取ったとしても
厚生年金の増額分は約130万円なので
受け取り額に比べ払う額のほうが大きく
なってしまいます。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?
考えられる選択肢は

●よりたくさん働いて年収150万円とか200万円を目指すという道
●労働時間を減らすという道
●企業規模が小さい会社に転職する(従来の130万円の壁は残ります)
●給与ではなく、業務を請け負うという形に変え、新たな働き方を自分で切り開く

などなどが考えられます。

老後の生き方を含めて、自分がどういう働き方をしたいのか、アラフィフパート
主婦が改めて考えてみる、良い機会だと思います。

私も現在、週3日(20時間以上)、パート勤務をしているのですが、
小人数の会社なのでいまのところは該当はしません。

ただ、働き方を変えてみようかと考えていますので、また改めてこのことに
ついても書いていきたいと思っています!


ランキングに参加しています🎵読んで気に入っていただけたらポチッと一票よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です