確定拠出年金401Kの運用について

こんにちわ、
アラフィフFPの三原ゆきです。

我が家は、サラリーマン家庭ですが、
先日、401K(※)を導入している
夫の会社よりこんなお知らせが
きました。

401K(※)とは?
別名、確定拠出年金のことをいう。
毎回の拠出額(掛金)があらかじめ確定
する一方、将来の給付額は運用の結果に
よって決定する。
平成13年10月からスタートした新しい
年金制度「確定拠出年金」のことをいう。
米国に内国歳入法401条(k)項に基づ
く同様の制度があり、日本はそれを参考に
したため「日本版401k」と呼ばれている

 
確定拠出年金・退職金前払い制度選択申請について

2015年●●月からの年金制度改訂に向けて 
企業年金60歳未満の加入者の方全員が、
会社拠出金についての申請が
必要です。

申請内容と申請方法等は、以下の通りです。

内容 : 毎月の会社拠出金に対して、
確定拠出金にて運用する比率・退職金前払い金
として給与受給する比率を 本人が申請

例: 会社拠出金 50,000円 とした場合

例  1) 申請  確定拠出年金100%
(50,000円を 確定拠出年金で運用) 
年金前払い手当  0% (給与で受給なし))
          
例  2) 申請  確定拠出年金 30% 
(15,000円を 確定拠出年金で運用) 
年金前払い手当70%(35,000円を給与で受給)

例  3) 申請  確定拠出年金  0% 
(      0円  確定拠出年金 )   
年金前払い手当100%(50,000円を給与で受給)

会社からのお知らせって、小難しく書いてありますが
コレ、とってもとっても大事なお知らせです。

簡単に言うと、毎月50,000円を、会社が社員に
年金原資として支給しますが、どういう支給方法
にしたいか次の選択肢から選んでください。
1)確定拠出年金100% 年金前払い手当0%
50,000円全額を年金として積立運用

2)確定拠出年金30% 年金前払い手当70%
15,000円を年金として積立運用、35,000円を
給与で受け取る

3)確定拠出年金0% 年金前払い手当100%
50,000円を給与で受け取る

みなさんなら、上記3択でなにを選びますか?
というか、なにを選んだらよいと思いますか?

いちばん節税効果があるのは
1)確定拠出年金100% 年金前払い手当0%
になります。

なぜなら給与として受け取ると所得税・住民税
の課税対象になります。

いっぽう、確定拠出年金の掛け金(拠出金)
は、所得控除され課税対象にはなりません。
また、拠出金で運用したときに出る運用益
についても非課税です。

ですから、万が一、2)のように年金前払い
手当として35,000円を給与で受け取り、
個人的に投資信託などで運用をする場合は、
まず給与のときに所得税・住民税を課税され、
投資信託の運用で利益が出たときには、
運用益にも課税されるという、ダブル課税
となります。

というような説明は、会社からのお知らせ
にはなにも書かれていませんでした。。

知らないで、いま現金でもらっておいたほう
がいいから、と安易に考えてはいけませんね。
しっかりと情報収集して賢い選択を
したいですね!


ランキングに参加しています🎵読んで気に入っていただけたらポチッと一票よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です