年末の食卓もふるさと納税で 淡路島3年とらふぐ「てっちり」

こんにちわ、

アラフィフFPの三原ゆきです。

いよいよ、2015年も残すところわずかとなりましたね。
今年は、ふるさと納税のお礼の品々には大変お世話になりました!

自己負担、実質2,000円の寄付で豪華な各地の特産品が
お礼としていただけてしまうのですから、心も温かく
なりますね。

今年のラストを飾るのにふさわしいふるさと納税の
お礼の品は、兵庫県南あわじ市の
淡路島3年とらふぐ(活てっちり・てっさ3人前)です。

納品指定を12月30日にしたので、大晦日の夜は
てっちりを堪能します♥️

自治体により、ふるさと納税のやり取りが違うことは
すでにお話ししましたが、今回のとらふぐにたどり着く
のは少々長い道のりでした。

順番としては、

1)「ふるさとチョイス」にて“とらふぐ”がお礼の品にある
自治体を探し、南あわじ市にたどり着きました。

2)「Yahoo!公金支払い」でふるさと納税の寄付額を決済

3)お礼の品の代行業者JTBからの商品カタログ
の到着を待つ

4)商品カタログ到着後、同封してある書類に
記載の申込み番号(IDとパスワード)を使い
「ふるぽ」でお礼の品を申し込む

という手続きに2-3週間かかりました。

今までのふるさと納税では、寄付額を決済後
すぐにお礼の品を申し込めたのです。
例えば、限定品のステーキ肉でも出荷可能
というのを確認して申し込むことができたのです。

しかし、今回は、お礼の品を申し込む段階で
欠品ということもあり得るので、最悪、希望
の品をもらうことができないこともあり得る
のです。

寄付を決済してから、お礼の品を申し込むまで
時間差が2週間程あったので、ハラハラしました。

次に、年末に欲しかったので、配送日指定をした
かったのですが、指定日が10日程先の日にちで
しかできなかったので、12月30日の指定が
できるまで、ジリジリとしながら待っていた
という訳です。

今回の新たなふるさと納税でますます、ハウツー
知識が増えました。いつか、レポートにでも
まとめられたら!と思っております。

2016年もふるさと納税の制度は続くようなの
で、楽しみです。


ランキングに参加しています🎵読んで気に入っていただけたらポチッと一票よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

メールマガジンに登録いただいた方に、
【無料レポート】プレゼント中です!

2016年版 どうする、主婦の働き方?
《106万円の壁とマイナンバー》

登録はこちらから^ ^