“MAG2 NEWS”で紹介いただきました! 

こんにちわ、
アラフィフFPの三原ゆきです。

メールマガジンを配信している
まぐまぐさんが運営している
MAG2 NEWSに私の記事
パート主婦を悩ます「新・106万の壁」
働き損になるボーダーラインは?

が紹介されました!

今年10月から施行される法律により
パート年収106万円の壁
が新たにできます。

この法改正により、
扶養を外れて社会保険料を
負担すると思われる人口は
約25万人と試算されています。

国にとっては貴重な財源ですね。

なぜなら国民年金の納付率は
H27.5月末時点で52.1%(厚生労働省調べ)

国民年金の納付方法は、
・口座振替
・クレジットカード
・金融機関・コンビニ窓口
になります。

つまり自ら行動を起こして
支払う必要がある、
ということなんです。

それに対して、
パート年収106万円の人が
社会保険料(つまり年金)
を納付する際は、お給料からの
天引き
です。

国にとっては、
とりっぱぐれの
ない
方法
ですよね。

つまり、このゾーンから年金
保険料を徴収するほど
効率の良い方法はありません。

この10月から始まる法改正、
とりあえず以下の条件に該当する人
から社会保険の適用になります。

まず、大前提として
正社員と比べて勤務時間と勤務日数の
両方が4分の3以下のパート労働者
であること

かつ
・勤務時間が週20時間以上
・1年以上の雇用見込み
・報酬月額88,000円以上
・学生でない
・4分の3基準による加入者が501人以上

このすべてに該当する人が10月から
新たに社会保険の適用者となります。

しかし、今後、対象範囲はさらに
拡大される方向に行くことは、
年金の納付率を見れば
明らかだと思いませんか。。?

今だけ年収106万円を越えないように
働けばいい。。。
という単純な話ではないですよね。。

しかし、モノのとらえようによっては、
これはチャンスです!
自分の年齢や家庭状況などを考えて
パートの働き方を考えていく
良い機会ではないかと思います!

1月30日(土)のセミナーでは、
年収106万円の壁と対応策、さらには
新しい働き方のススメについても
お話しします。

新しい働き方については、
エニアグラムを使って自分の本質を
知る、というワークもしていきます。

エニアグラムについては、
また、次回お話しさせていただきますね。

☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆
メールマガジンに登録いただいた方に、
【無料レポート】プレゼント中です!

2016年版 どうする、主婦の働き方?
《106万円の壁とマイナンバー》

登録はこちらから^ ^
☆☆★☆☆☆☆★★☆☆☆★★☆☆

1/30@東京
~マイナンバー制度、106万円の壁もこわくない!~セミナー開催します!

こんな方にオススメです!

☆起業中、起業を考えている
☆副業を考えている
☆どんな仕事をすればいいのか深堀りしたい
☆パート主婦
☆節税したいサラリーマン家庭

(詳細・参加申込はこちら↓)


ランキングに参加しています🎵読んで気に入っていただけたらポチッと一票よろしくお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村