起業1年目の経理 ー 最初につまづかないポイント!

今週、地元で開催された記帳説明会にコッソリと参加して来ました。

個人事業主向けの会なので、法人を設立している私は参加資格がないのですが。。

実は、夫に事務所スペースの家賃を払うため、夫が事業所得を申告するため、

代理で参加してきた次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業して間もない、これから確定申告をする人たちに

記帳説明会でどうやって説明するのかと、興味津々でした。

 

始めにあれこれ言っても、これから記帳する、という人たちには

訳が分からなくなるだけです。

 

ベテラン税理士の説明は、ポイントをシンプルに説明していたので

とても分かりやすかったです。

 

まず、一番重要なポイントは、

有料の会計ソフト(電話サポート付き)を購入して作業を進めること

 

無料会計ソフトでももちろん、できます

 

経理の知識が多少あれば、なんとなくで入力を進めて、

なんとなく確定申告書の作成までできてしまいます。

 

でも、なんとなくなので、これで大丈夫なんだ!という確証は掴めない、、

なんてことはありませんか?

 

モヤモヤを引きずる位なら、電話サポート付きの有料会計ソフトでする方がよっぽど

効率も気分もいいです。

 

会計ソフトを使う = 確定申告書は手書きしない

ということにもなります。

 

手書きの確定申告書は10万円控除まで

青色申告の65万円控除は会計ソフトで!

 

と何度もおしゃっていました。

 

ただでさえ、厄介だと思いがちな経理に、最初につまづかないためにも頭に入れておいて

くださいね。