学資保険、必要なの? <我が家の場合>

 

前回記事、学資保険、必要なの?<誰に聞いたらいいの?>の続きです。

学資保険どうしたらいいですか?

ママさん達の質問への答えとして、参考までに我が家の場合をお話しますね。

 

我が家は、学資保険は途中で解約してしまいました。

今から約20年前の話ですが、、出産して学資保険に加入したものの、、

 

・利回りは、それほど魅力的ではなかった

・育英年金付きにしたかったけれど、その分保険料が高くなる

 

という理由で解約、代わりに加入したのが変額保険(有期型)です。

 

子どもが中学受験することも考えて、

10年満期の5年払い込みにしました。

 

変額保険というのは、保険料の一部を自分が選択した投資商品で運用する保険です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニー生命のHPより抜粋

 

自分の運用次第で満期保険金が増減するのです。

上の図は最後に満期保険金が目減りしてますが・・

 

ただし、安心なこともあります。

 

万が一(死亡・高度障害)の時に受け取る保険金は、契約した時の保険金額になります。

 

ちょっと分かりにくいですが、パパやママが万が一の時には、

当初契約した死亡保険金がもらえます。

 

ただし、パパやママが元気で、

満期になって保険金を受け取る時は

運用次第で増えることもあれば減ることもある

ということ。

 

変額保険は、学資保険より保険料はお安くなります

なぜならば、利回りを保険会社が保証しなくていいので。

 

我が家の場合に戻りますが、平均4%程度の利回りの運用となりました。

 

こんな学資資金の準備の方法もあります。

 

保険を相談するのであれば以下の人に相談しましょうね。

  • 保険商品を販売していない、
  • 保険の知識がある人
  • ライフプランをきちんとヒアリングしてくれる人

保険は、長期間の保険料を支払うことになるので、高い買い物です。

 

たとえ、相談が有料だとしても、

トータルで何十万円の保険料削減になるとしたら・・

と、コストを考えた方が良いのではないでしょうか?