20歳になったけど、、子どものNISA口座を開設できなかった理由

今日は、お盆休みでしたが、平日だったので、諸々の手続きをしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、息子も20歳になったし、

これからは自分で少しづつ投資も行うことができるようになったらいいよね。

 

息子名義のネット証券でNISA口座を開設しておこう!

 

と思い、先日、 NISAの口座開設を申し込んだところ、

ジュニアNISAの書類が届きました。

 

きっと間違えたのね、問い合わせしようと思いながら早1ヶ月。

 

今日、M証券に電話をしたところ。

以下が私と証券会社とのやり取りです。

 

私「20歳の子どものNISA口座開設申し込みをしたのですが、

間違ってジュニアNISAの書類が届いたので、どうすればよろしいですか?」

 

M証券「お客様のお子さまは今年はジュニアNISAになります」

 

私「???」

 

NISAに申し込みできるのは、

申し込みの年の1月1日現在20歳であること

 

つまり、現在20歳だとしてもNISAの口座開設はアウトなのです。

 

早生まれの呪縛はここにもゲッソリ

 

早生まれについての前回記事は(↓)よりチーン

早生まれの現役大学生がいる家庭が損していること

 

NISAとジュニアNISAが大きく違うことは利用できる非課税枠です。

 

NISAは 年間120万円

ジュニアNISAは 年間80万円

 

年間120万円、必ず利用するか?は別問題として、

何か損した気分です・・

 

手続きに関しては、今年、ジュニアNISAの申込をしたら、

来年は自動的にNISAへと移行できるようで、不都合はなさそうです。

 

それにしても、早生まれで損した気分が続きましたので

シェアさせていただきました。