人生100年時代をどう生きるのか?

「人生を100年とした人生戦略」が必要だと

最近メディアで騒がれているのを耳にしたことありますか?

 

イギリスの経済学者リンダ・グラットンの著書

「LIFE SHIFT(ライフシフト)100年時代の人生戦略」

の中で、1967年生まれの半数は91歳まで生きると言われています。

 

ちなみに「LIFE SHIFT(ライフシフト)」は日本で昨年2016年

に発売されて以来20万部を超えるベストセラーになっています。

 

私も読みましたが、これからの生き方・働き方について

参考になるエッセンスがいっぱい詰まっているのでまだ読まれていない

方にはオススメです。

 

91歳まで寿命があるとしたら、今まで通りの生き方を変革する必要

があります。

 

従来の人生70−80年時代では、大多数は3つのライフステージを送る人生モデルでした。

 教育 → 勤労 → 引退

 

人生100年時代になると、今までのように引退して余生を楽しむ人生モデルは、

超高齢化社会を迎え難しいことは明白です。

 

ではどうなるのか? どうすればいいのか?

 

長寿化社会では、より長く働くこと、が求められます。

 

でも働く、と言っても、若い時と同じように働くことは難しいと思いませんか?

 

つい最近、Eテレの番組でシニア世代への「プチ起業」のススメを目にしました。

とても興味深く、参考になるのでシェアさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな事業のスモールスタートで、無理なく、楽しみながら継続収入を得ることが大事です。

 

そのためには、自分が好きなこと得意なことの中から社会のニーズがあるものを事業にすること。

 

プチ起業の例として挙げられていたのが、『ウクレレサークル』の主催でした。

好き → 楽器演奏

得意 → プレゼン

ニーズ → シニア世代が月に払える習い事の月謝代5,000円、つまり5,000円で参加できる習い事はニーズがある

 

会員数100人のウクレレサークルを作り、収入を得ているそうです。

 

月謝5,000円x12ヶ月x100人=600万円(年間売り上げ)

 

経費は、開催する会場費と譜面など資料代。

会場費は公民館などを利用して低く抑えているとのことでした。

 

どうですか??

 

自分が楽しく、得意なことで収入を得ることができたらワクワクしませんか?

 

そのためには、今から自分が好きなこと、得意なこと、をいくつか見つけておきたいですよね。

いざ、何がしたい?と聞かれたら答えられない、ことはよくあることです。

今から、自分と対話しておくことが大事です。

自分がやりたいことは自分が一番良く分かっているのですから。

 

そのためには、なんでもいいので、思いついたらメモること。

なーんだ、そんなこと?と思うでしょうが、実際に手で書く、

ことの威力は実感済みなので、ぜひお試しくださいね。

 


ランキングに参加しています🎵読んで気に入っていただけたらポチッと一票よろしくお願いしますにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村