空き巣被害で、税金を還付してもらう方法

空き巣被害と確定申告

空き巣被害に遭った場合、確定申告をすることで税金が安くなることを知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

盗難に遭ったことはもちろんのこと、
空き巣に入られたこと自体がショックですよね。

 

確定申告の「雑損控除」で税金還付を受けることで、少しでも損害ダメージを軽くする方法ができますので参考までにお話しします。

「雑損控除」とは?

国税庁のHPで雑損控除について調べてみると以下のように定義されています。

災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合等には、
一定の金額の所得控除を受けることができます。これを雑損控除といいます。

雑損控除はどんな場合に受けられる?

どんな場合が雑損控除と認められるのでしょうか?

  1.  震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害
  2.  火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害
  3.  害虫などの生物による異常な災害
  4.  盗難
  5.  横領

詐欺や恐喝の場合には、雑損控除は受けられないため、社会問題にもなっている「オレオレ詐欺」の被害は対象外となります。

今回の空き巣に入られて盗難被害に遭った場合は、4.盗難に該当するので、対象となります。

 

対象になるものは?

雑損控除の対象となる資産は、次の2つになります。

  1. 税金を納めている納税者と扶養する配偶者・親族(総所得金額等38万円以下)の財産
  2. 生活に通常必要な財産

別荘やゴルフ会員権などは対象外です。

ジュエリーなど貴金属(製品)や書画、骨董など1個(又は1組)が30万円超のものも対象外です。

納税者であるということは、税金を納めている人が税金を軽減してもらう制度ということです。

いくら控除してくれるの?

実際に計算してみましょう。

1.最初に「差引損失額」を計算します。

差引損失額は以下の計算式に当てはめて計算します。

差引損失額=「損害金額」+「災害等に関連したやむを得ない支出の金額」-「保険金などにより補てんされる金額」

<例>
空き巣被害:100万円
火災保険料の支払い:5万円
受け取った保険金:10万円

差引損失額は、100万円 + 5万円 - 10万円 = 95万円 になります。

 

2.次に2種類の計算式(A)(B)を計算をして数字を出します。

 

(A) (差引損失額)-(総所得金額等)×10%
(総所得金額)とは、収入から必要経費を引いた金額です。
会社員で給与のみ場合は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄にある金額になります。

上の源泉徴収票で5,226,000円の部分です。

1.で計算した差引損失額は950,000円でしたね。

(差引損失額)-(総所得金額等)×10%は、
950,000円ー5,226,000円X10% = 427,400円です。

 

(B) (差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

1.より(差引損失額のうち災害関連支出の金額)は、火災保険料の支払い5万円になります。

(差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円
5万円ー5万円=0

 

(A)と(B)の金額の多い方の金額が雑損控除額とするので、(A)427,400 > (B)0 となり、雑損控除額は427,000円になります。

結局、いくら戻ってくるの?

雑損控除額が計算できたら、下記の税額表を参照して実際に戻ってくる税額を計算します。

所得税の税率(国税庁HPより)

(A)の源泉徴収票で総所得金額は、5,226,000円でしたので、税率は20%になります。

雑損控除額427,400円x20%=85,480円が戻ってくる税金になります。

空き巣被害の100万円のうち、保険で10万円、税金還付で85,480円の金額が受け取れることになります。

少額かもしれませんが、戻ってくるだけ、ありがたいと思えば良しとしたいたころです。

まとめ

以上、空き巣被害に遭った時に、確定申告することで税金が還付される方法についてお話しました。

雑損控除は、他の控除に優先して差し引くことができ、また控除しきれない場合は、
翌年以後(3年間が限度)繰越して各年の所得金額から差し引くことができます。

また、過去に空き巣被害に遭った場合で雑損控除のことを知らなかった場合は、
個別に管轄の税務署に相談をしてみましょう。

申請の際には、警察が発行する被害額届出用の証明書などの添付が必要となることも
追記しておきます。