忙しい40代・50代のためのお金の相談室

忙しい40代・50代のためのお金の相談室

2018年 10月 22日

「子どもが生まれたら学資保険」はデメリットしかない!?【メディア掲載】

子育てママ向けセミナーで教育費の話をすると、学資保険について加入した方がいいのか?と講座後に質問をいただくことが多いです。

昔は子供が生まれたら学資保険、と言われていましたが、私自身は20年以上前になりますが学資保険に加入したものの1年もせずに解約しました。

理由は長期間お金を預けるのであれば、もっと利回りが高い方がいいと思ったからです。(死亡保障はすでに他の保険に加入していたこともあり)

結局、変額保険で運用して教育費を準備したのですが、この超低金利の時代に「保険で貯蓄をする」ことにはメリットはないと考えます。

保険は保険

貯蓄は貯蓄

と別々に考えた方がスッキリします。(私個人の考え方です)

個人や夫婦の考え方にもよりますが、10年以内の教育費は預金で備えて15年以上先の教育費には投資を取り入れることもアドバイスしております。

投資はこわい、と思っているとしたら、ほぼ全額を預金で備えるにはインフレ(物価上昇)時にはお金の価値が目減りしてしまう怖さについても知っておいて欲しいと思います。

運用リスクを最低限に抑えた投資として今年から始まったつみたてNISAは有効と考えています。

お恥ずかしながら、20年前の私は短期間のつもりで株式購入をして、子供の大学資金にと思っていた費用を20年に渡って塩漬けしてしまいましたので株式投資で教育費は、自分自身の反省からオススメできません。

話が逸れてしまいましたが、学資保険の返戻率について正しく理解していただきたいという思いでマネープラスにコラムを書かせていただきました。

 

続きは(↓)画面をクリックしてお読みくださいね。

 

Pocket