忙しい40代・50代のためのお金の相談室

忙しい40代・50代のためのお金の相談室

2018年 01月 25日

え!源泉徴収票から貯蓄力がわかるの?

こんにちわ、ファイナンシャルプランナーの三原由紀です。

会社員の場合、年末か1月に源泉徴収票が手元に届きます。

源泉徴収票は、年末調整に関する申告書類を基に
会社が作ってくれた「年間決算書」ともいえるものです。

この源泉徴収票から自分の「貯蓄力」を計算できることを
知っていますか?

今年こそは貯蓄を!と思っている人にオススメなのが
2017年の振り返りをすることです。

貯蓄率を数字で確かめて、2018年の貯蓄目標を決めましょう!

詳しくはじぶん銀行様のマネーコラムで書かせていただきました。

以下こちらからお読みください。

いかがでしたか?

今年は去年より貯めるぞ!と考えている人にオススメなのが
2ヶ月分のレシートをフォルダやビニール袋に集めてみることです。

2ヶ月あれば大体の傾向は掴めるものです。

集めた後は、袋から出して、ただただ仕分けをします。

分ける方法は3つです。

・消費(使ったお金に対して同じ価値であると感じるもの。 例:光熱費や家賃など)
・投資(使ったお金に対して価値が大きいと感じるもの。 例:起業するためのセミナー費など)
・浪費(使ったお金に対して価値が小さいと感じるもの。 例:惰性で買ってしまったセール品など)

分け方は、人それぞれの価値観によって異なるものです。

例えば、夕食の支度をする時間がなくてデパ地下などで惣菜を買った場合。

  • Aさんには投資(夕食の支度にかける時間を省くことで子供と触れ合う時間がとれた)
  • Bさんには浪費(自分で作る時間もあったのに、買う必要なかったわ)

家庭の状況・自分の体調・価値観などさまざまです。

ぜひ、確認してみてくださいね。

そして、浪費だと思ったものについては、次からは同じ行動をしないようにしましょう。

これだけで随分と家計が変わるものです。

私も、たまにやってみて自分の消費行動を再確認しています。

 

ファイナンシャルプランナー
三原由紀

 


 

※ メールマガジン「知って10倍笑顔になるお金のはなし」(無料)登録はコチラから
 
※今までのメディア掲載・記事はコチラから

 

こちらの記事も読まれています!

Tags:

Pocket