忙しい40代・50代のためのお金の相談室

忙しい40代・50代のためのお金の相談室

2018年 07月 24日

お試し20分相談はじめました

お金の相談って何を話せばいいの?

こんにちわ、三原由紀です。

相談してみたいけど、どんな感じなのかな?と迷われることありますよね。

ファイナンシャルプランナーと聞くと、何か売りつけられるのではないか、と怪しく思われることもあるでしょう。

それはごくごく正常な反応だと思います。

というのも、みなさんがふだんお話しするファイナンシャルプランナーとは、どこかの会社や組織に所属して働いている人です。

というのもファイナンシャルプランナーの80%以上は企業系ファイナンシャルプランナーです。

生命保険や金融商品を販売するのが仕事ですので、会社の利益を優先するのは当然ですよね。

保険に加入したいというクライアントに対して、自分のできる範囲の中でベストな提案をしてくれるでしょう。

でもそれはクライアントにとってベストとは限りません。

無料相談でベストな保険が見つかると思っていますか?

 

例えば、生命保険について考えてみましょう。

ショッピングセンターで無料相談できる保険のショップに相談に行ったとします。

色々な保険会社の商品を揃えているので、自分にとってベストな保険を薦めてもらえると思っていませんか?

薦めてもらえない、と言っている訳ではありません。

何が言いたいのか?、というと自分にとってベストな保険を薦めてもらえないリスクがある、ということを認識しておいて欲しいのです。

保険ショップの売上は保険会社から手数料という形で入ってくる訳ですが、保険会社は売って欲しいがためにキャンペーンを行うことがあります。

相談に行くタイミングでキャンペーンが行われている保険会社の商品があったとしたら、そちらを勧めるのは自然の流れだと思いませんか?

それは、保険ショップが悪い、ということではなく、そういう仕組みになっているのだから仕方がありませんよね。

私は、自分の家の保険の見直しがしたいということもあり保険代理店2社で働いていたことがあります。

その時に、キャンペーンになると、当然そちらの方を勧めるのです。理由を店主に聞いたことがあるのですが、お客様にとってもほとんど差がないのでキャンペーン商品を勧めるということでした。でも顧客目線から見ると、ほとんど差がないとは思えないこと(保険料や保障内容)が多々ありました。

多くの人は、保険はベストでなくてもベターであればいいや、と思っているかもしれません。

であれば、保険ショップで無料相談をしてベターな選択をするのも一つの方法です。

 

本当にベストな保険を選びたいとしたら有料相談の方が結果的にはコストは安い

一方で、自分の保険選びに妥協したくない!という人には企業系ファイナンシャルプランナーに相談するのはお勧めしません。

企業に所属しないで個人で活動をしている私のような独立系ファイナンシャルプランナーに相談するのが妥当ですし、結果的にコストは安いでしょう。

保険は人生の中で大きな支出と言われています。

例えば、30歳から80歳まで毎月2万円の保険料を払い続けたら1,200万円です。

もしも本当にベストな保険にして毎月1万円の保険料であれば600万円です。

極端な例かもしれませんが、600万円の無駄なコストをカットできる相談料が1−2万円だとしたらコスパが良いと言えますよね。

タダほど高いものはない、という例えが適切かはわかりませんが、更新型保険の見直しでこのくらいのコストカットになる方は実際にいらっしゃいます。

担当者が親切だから、という理由で内容はよくわからないけど勧められるままに加入している方もいらっしゃいました。。

 

誰に相談すればいいのかわからない・・

実際に相談したい、と思ってもどこに独立系ファイナンシャルプランナーがいるのか、よくわからないですよね。

というのも独立系ファイナンシャルプランナーは日本FP協会の資格保持者全体の2割以下なので、認知されていない状況があります。

もちろんテレビなどメディアで活躍されている独立系ファイナンシャルプランナーのことはご存知かもしれません。

でも、自分が実際に相談できる独立系ファイナンシャルプランナーってどんな人でどんなこと相談できるの?と迷われることもあるでしょう。

 

お金のことを相談するのに躊躇する人もまだまだ多い現状もありますが、相談するなら話しやすい人、自分と相性がいい人に相談したいということもありますよね。

ということで、今回20分のお試し相談メニューを作りました。前置きが長くなってしまいました。。

どんなこと相談できるの?どんな風にアドバイスもらえるの?と思っている方に気軽にご利用いただければと思っております。

 

20分でどんなことを話すの?

短い時間ではありますが、状況をお伺いして基本的な方向についてお話しさせていただきます。

例えば、保険の加入について迷っている、ということであれば。。

現在受け取ることができる公的保障(会社の福利厚生も含めて)について確認し、必要な保障についての考え方をお伝えします。

それでも保険の必要性を考えるのであれば、共済、会社の団体保険、民間の保険についてメリット・デメリットなど、ご自分で選択するときの考え方などをお伝えします。

保険、などピンポイントのトピックがない場合には、お金の不安や悩みなどをお話しいただければと思います。

 

人生の夢や目標を叶えるために経済的な側面からサポートするのがファイナンシャルプランナー

 

まだまだ日本では個人のお金(パーソナルファイナンス)を有料相談するという習慣はないかと思います。

しかし、今の社会は私たちの親世代とは全く違うため、親世代のやり方は通用しません。

昔は100万円を預金していたら金利10%あれば40年後には勝手に4,500万円に増えていました。

ところが、現在の定期預金の金利は0.1%です。同じように100万円を預けて40年後には100万8,000円、という絶望的な金額なのです。

これは一例ですが、個人が自分の人生のお金に向き合っていかないと、どうなってしまうのか、、と感じております。

一方で、社会は激変しているので誰も未来のことは予想はするもののわからないですよね。

将来的に国がベーシックインカムなどを導入して今のように働かなくても暮らしていける社会になったら最幸ですよね。

そうしたら、お金の不安や悩みもなくなり幸せに暮らしていける社会になるはずです。

そんな社会になっていけばいいな、と私自身思っておりますが、、50年後はなるかもしれないけど10年後にはまだ難しいかもしれません。。

ですから、今大事なことは自分のお金に向き合うこと、というのが私の結論です。

お金に人生が左右されない幸せな社会が到来するまでは、ずっと付き合ってサポートしていきたい、そんなファイナンシャルプランナーでありたいと思っております。

 

 

 

こちらの記事も読まれています!

Tags:

Pocket