忙しい40代・50代のためのお金の相談室

忙しい40代・50代のためのお金の相談室

2018年 11月 22日

家計のキャッシュフロー表を作るメリット

家計簿をつけている人は多いかと思いますが、実は家計簿だけで家計改善を実行するのは難しいのです。

家計改善に効果を発揮するのが、家計のキャッシュフロー表(ライフプラン表とも言います)になります。

今回は家計のキャッシュフロー表を作るメリットを、実例を交えてお話ししましょう。

家計簿だけではどうしてダメなの?

家計簿をつけるのは意味がないわけではないのですが、家計簿から見えることは過去の記録です。家計簿からは未来の家計を見ることはできないのです。

例えば、家計簿から見えてくる問題点が見つかりました。問題点を改善するために、毎月の支出を3万円減らすことができました。では、今後の5年後や10年後の家計はどうなっているのでしょうか?家計簿からはイメージすることは難しいのです。

ここが家計簿の課題です。

家計のキャッシュフロー表とは?

キャッシュフロー表というと聞きなれないかと思いますが、保険屋さんにライフプラン表を作成してもらったことはありませんか?キャッシュフロー表とライフプラン表は同じものです。

家計簿の課題をクリアしたものがキャッシュフロー表です。

今を起点にして数年後・数十年後の貯蓄残高の変化がわかる表になります。家計簿の連続した記録をグラフ化したものになります。

家計のキャッシュフロー表で何がわかるの?

現在から将来までの家計の変化をチェックすることが可能になります。このままの家計で夢や目標がかなうのか、家計は赤字にならないか、などさまざまなことがわかります。

(ご感想)不動産投資にキャッシュフロー表が役立ちました

54歳会社員男性から不動産投資をした方がいいのか?ご相談をいただきました。

老後の定期収入に不動産投資をした方がいいのか迷っている

老後の自分年金のために不動産投資を考えていました、不動産投資セミナーに色々と足を運ぶほど、どの物件が自分にとっていいのか判断できません。不動産会社にシミュレーションをしてもらったのですが、本当に大丈夫なのか?販売者目線で誘導されていないかいまいち信用できずに不安です。

不動産投資を行うことで家計はどうなるの?

不安に思われていたという問題点は、不動産の収支のみのシミュレーションだったので、今の家計で不動産投資を行うと家計全体ではどうなっていくのかが見えていないことです。

そこで、現在の家計のキャッシュフロー表に不動産投資をした場合、将来の家計がどうなっていくのかをシミュレーションしました。手持ち資金をほぼ出さずに87歳完済のローンを利用すると不動産投資をすることで家計にメリットが現れるのは87歳のローン完済以降ということがわかりました。

これでは、不動産投資をしてもメリットを感じることはできません

では、手持ち資金で繰り上げ返済をする、あるいは途中で売却した場合はどうなのか?いくつかのパターンでキャッシュフロー表を作成していきました。

不動産投資で大きく損をすることはない

繰り上げ返済をするタイミングや途中で売却するタイミングを何パターンか用意してキャッシュフロー表を作成してわかったことは、不動産投資をすることで大きなメリットはないが、大きく損をすることもないであろうということです

不動産価格は景気により上下するものですが、所有し続けて空室にならない限りは家賃の上下は不動産価格に比較すると動きは小さいものです。

結局、ご相談された方は、今の資産の多くが現預金であり、不動産を持つことでインフレにも対応できることから不動産購入を決められました

一度作ったら終わり!ではない

このように家計のキャッシュフロー表は投資をするときの判断材料としても有効です。逆に言えば、キャッシュフロー表を確認せずに大きな判断をすることは地図を持たずに航海に出るようなものと言えます。

家計のキャッシュフロー表では、現在からリタイアするまで、など20年~30年分を目安に作成しますが、夢や目標は、時間と共に形が変わっていくものですよね?

ライフプランはあくまで計画ですから、転職・早期退職など想定外の進路変更があった場合には、その時々に合わせて柔軟に見直しをしていくものです。

最後になりますが、キャッシュフロー表の作り方は以下をご覧ください。
家計のキャッシュフロー表 —作り方・注意点・コツ−

キャッシュフロー表から、投資や老後資金の準備などアドバイスを受けたい、という場合には、個別相談サービスをご利用くださいね。作りたいけど、自分ではなかなか、、作成してもらった方が確実で安心、という方にはキャッシュフロー表作成サービス付き個別相談を行なっております。
お金の相談サービス

とりあえず有益な情報だけは知っておきたいという人は、無料メールマガジンに登録しておいてくださいね。最新情報やホームページ上では言えない!?情報もお届けしています。

 

こちらの記事も読まれています!

Tags:

Pocket